【旭川市】農業用ドローンの機能とは?講習を受けて資格取得を目指すなら

【旭川市】農業用ドローンにはどのような機能がある?

旭川市でドローンの操縦や資格取得に興味があるなら、講習を受けるのもおすすめです。ドローンは農業分野でも活躍しています。農薬や肥料の散布、種まきなどに用いられ、作業効率の向上がメリットです。

農業用ドローンの機能を解説!農業に利用したい方も講習を

農業用ドローン

農林水産省では、2019年より「農業用ドローンの普及拡大に向けた官民協議会」を立ち上げ、様々な施策を打ち出しました。実証実験の実施、ドローンスクール向けの助成金の創設などを行い、ドローンの一般化に向けた取り組みを行っています。

こうしたドローンの一般化は、「スマート農業」を実現するために重要です。スマート農業とは、情報通信技術(ICT)、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)などの先端技術を駆使した、省エネで高品質な農作物を作る新しい農業技術を指します。スマート農業は現在日本が抱えている農業人口の減少や高齢化、耕作地の放棄などの問題解決の切り札として期待されています。

ドローンは小回りが利き、中山間地域や傾斜地などの平地に比べて不利な農地での作業効率を高めるものとして、スマート農業には欠かせない技術です。

こちらでは、一般的な農業用ドローンの機能を紹介します。

農薬散布

以前は農薬散布に無人ヘリコプターを用いていましたが、近年ではドローンが主流になってきました。ドローン本体に農薬と散布装置を積載して、面の散布やスポット散布を行うことができます。

農薬散布にドローンを取り入れることで、人が行っていた時には難しかった夜間散布ができたり、ルートを事前に設定して自動散布ができたりと、作業効率の改善にも役立ちます。

農業用ドローンは、1回の飛行で1ヘクタールの面積を散布できることを基準として、バッテリーの持続時間・ローターのパワー・積載タンクの容量・バッテリーの容量などによって価格が変わります。ドローン自体の大きさも変わってくるため、購入する際にはこれらの項目を確認しておくことが大切です。

また、ドローンの操縦には資格や免許が必須というわけではありませんが、農薬散布は航空法が定める「危険物輸送」「物件投下」に該当するため、国土交通省の地方航局長の許可を得る必要があります。

肥料散布

肥料散布も農薬散布と同じように、ドローンを使用しての自動散布が可能です。必要な機能として「GPS」や「RTK」が挙げられます。「RTK」は相対測位が可能で、より正確な位置情報を求められます。

これにより、自動ターンや自動直進をしながら設定された範囲内の肥料散布が可能になり、緊急時や安全確認以外では自動飛行をするため、操縦する必要がありません。

播種

稲作の分野では湛水後に種まきをする播種にも利用されています。種子を鉄粉でコーティングして重くし、直接水田に撒く方法です。ドローンを使用して播種を行うことで、中山間地域や狭い水田でも短時間で散布できるので、時間を大幅に削減できます。

上記のように農業用ドローンには様々な機能があります。

こういった機能を便利に正しく使うためにも、農業用ドローンの導入をご検討中でしたら、ドローンスクールの講習がおすすめです。操縦技術はもちろん、法令等に関する基礎知識まで様々な知識を学ぶことができます。

旭川市でドローンについて学ぶならドローン教習所 北工DS校へ

畑に農薬散布しているドローン

ドローンは農業分野でも急速に導入が進み、今ではなくてはならないものになりました。農業用ドローンには農薬散布や肥料散布、播種といった機能があります。

また、農薬散布は危険物として取り扱われるため地方航空局長に届け出をしなければならず、農業用ドローンを使用するならこうした法令についても知っておく必要があります。

旭川市のドローン教習所 北工DS校では、ドローンの講習も実施しています。ドローンの基礎知識や法令を学ぶことができる「ドローン操縦士基礎講習」や、農薬散布や目視外飛行、夜間飛行などの用途に合わせた応用技術を学ぶことができる「応用技能講習」をご用意しています。

ドローンの講習で不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

≫ドローン教習所

ドローンについてのお役立ちコラム

旭川市で農業用ドローンを学びたい方はドローン教習所 北工DS校

会社名 株式会社北工学園モータースクール
設立 2018年
資本金 5,500,000円
住所 〒071-8101 北海道旭川市東鷹栖1条1丁目635
電話番号 0166-57-5818
代表者名 代表取締役 佐藤 光
事業概要 自動車学校の経営
URL https://do-mobility.jp/wp/

Contact

—お問合せ—

お気軽にお問い合わせください!

代表 0166-57-5818 代表 0166-57-5818

フリーダイヤル 0120-38-4466 フリーダイヤル
0120-38-4466