【旭川】ドローン資格の取得に向けて!操縦ライセンス制度を解説

【旭川】ドローン資格には国土交通省が定めた国家資格と民間ライセンスがある!

旭川でドローン資格取得を目指すならドローン教習所 北工DS校で受講しましょう。操縦ライセンス制度がスタートした理由は、少子高齢化社会における労働力確保と国土交通省の負担軽減のためです。

ドローンの操縦ライセンス制度がスタート!概要や施行の背景

白いドローンと操縦する人物

操縦ライセンス制度は、操作技術や知識を証明するために国土交通省が定めた制度です。

これまで、ドローンの資格といえば民間団体が設立したものしかありませんでしたが、2022年にドローンの国家資格である操縦ライセンス制度が開始されたことで、自動車の運転免許と同様に国が設立・管理していくものとなりました。

こちらでは、操縦ライセンスの概要から制度が開始された背景、ドローン普及による社会の変化についてご紹介します。

ドローンの操縦ライセンス制度の概要

操縦ライセンス制度は、安全な飛行を促進するとともに、所有している人の利便性を高めるために作られた制度です。

操縦ライセンスは一等無人航空機操縦士(一等資格)、二等無人航空機操縦士(二等資格)に区分され、「レベル4飛行(都市部などの有人地帯における補助者なし目視外飛行)」においては一等資格が必須となります。

一方、二等資格は「レベル3飛行(無人地域での補助者なし目視外飛行)」における飛行ごとの許可承認を省略することが可能です。一等、二等資格ともに、実際に飛行させるには対象となる機体(ドローン)が国土交通省の機体認証を受けている必要があります。

操縦ライセンス制度のより詳しい概要については、国土交通省のホームページからご確認ください。

操縦ライセンス制度が始まった背景

制度開始の理由は少子高齢化社会における労働力確保のため、国土交通省の負担軽減のための二つです。

少子高齢化社会における労働力確保のため

ドローンは農業や建設などの分野で人手不足を補う役割を果たしています。

活用が広がるとされる分野は、輸送や物流、インフラ点検や保守、事故や災害対応、警備監視、空撮、農林水産などです。今まで人が担ってきた業務をドローンで対応することにより、労働人口不足の対策になると考えられます。

様々な分野においてドローンの活用を拡大するとともに、安全な飛行を実現するためにライセンス制度が開始されました。

国土交通省の負担軽減のため

様々な業界でドローンが活用されていることもあり、飛行許可申請は年々増加傾向にあります。申請が増えたことにより、国土交通省での承認作業負荷が大きくなっているのです。

そこで操縦ライセンス制度を設け、一定の水準以上の操縦スキル、知識を有している人は申請無しで飛行できるようにするという目的があります。

ドローンが普及すると社会はどう変わるのか

人々の生活にドローンが普及すると、以下のような変化が期待できます。

建築・インフラの点検が安全に実施可能

建物やインフラ設備は定期点検が必要不可欠です。点検にドローンを活用すると安全かつコストを削減して実施できます。

近年では、ドローンにスキャナ機能やサーモグラフィー機能などを付随でき、担える業務が増えました。そのため、人に危険が及ぶ点検作業をドローンが担い、事故やトラブルの発生を軽減できます。

建設業界の測量においてコスト削減

建設業界の測量業務にドローンを導入すると、人件費を大きく抑えることが可能です。

実際に、国において測量・設計・施工・検査・維持管理に至る全ての事業プロセスで情報通信技術を導入して生産性向上を目指す「i-Construction(アイ・コンストラクション)」という試みがなされています。

このことから、将来はドローン導入が義務化される可能性があります。

農業における業務効率化や人員不足の解消

ドローンは高齢化と人手不足が続く農業分野において、農薬散布や作物の生育状況管理を担う存在です。農業にドローンを導入すると、傾斜面での作業を人に代わって担当できたり適切な農薬管理で生産量増加を目指せたりします。

今後、ドローンの活用場面はますます拡大すると予想されます。そのため、ドローンの操縦ライセンス制度に則った資格取得を行うと、仕事の可能性がより広がるでしょう。

操縦ライセンス制度がスタートした背景を理解しましょう

ドローンと三角コーン

ドローンの操縦ライセンス制度は、手続きを統一して事務作業の手間を省くとともに労働人口の不足に対する対策としてスタートしました。ライセンス制度を利用する人が増えれば、ドローンを活用したサービスの増加にもつながり、少子高齢化の現代において、労働力確保が実現できると考えられます。

国土交通省が定めた一等無人航空機操縦士や二等無人航空機操縦士以外にも複数の民間ライセンスが存在するため、ドローンの資格取得を目指している場合は、ぜひ把握しておきましょう。

旭川エリアでスクールを開設しているドローン教習所 北工DS校では、ドローン操縦に関する民間ライセンスだけではなく、国家資格の取得も可能です。操縦未経験者には、ドローン操縦士基礎講習をおすすめします。座学と実技によりドローン操縦に関する基本的な知識と技術を習得可能です。

より高度な技術や知識を身につけたい人に向けては、応用技能講習をご用意しています。風景撮影や作業の点検・監視、農薬散布などドローンを応用した技能を学びたい人向けの講習です。

一方国家資格コースでは、二等無人航空機操縦士の取得が目指せます。基礎技能証明を持っている場合、基本カリキュラムのうち一部の講習が免除されます。

初心者から経験者まで、ドローンの操縦ライセンス取得を目指したい人は、ぜひ一度ご相談ください。

【旭川】ドローン操縦ライセンス制度も!資格取得ならドローン教習所 北工DS校へ

会社名 株式会社北工学園モータースクール
設立 2018年
資本金 5,500,000円
住所 〒071-8101 北海道旭川市東鷹栖1条1丁目635
電話番号 0166-57-5818
代表者名 代表取締役 佐藤 光
事業概要 自動車学校の経営
URL https://do-mobility.jp/wp/

Contact

—お問合せ—

お気軽にお問い合わせください!

代表 0166-57-5818 代表 0166-57-5818

フリーダイヤル 0120-38-4466 フリーダイヤル
0120-38-4466